スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヤシンスの育て方

春の訪れを告げるお花として、ヒヤシンスが浮かびます。
球根で水栽培も可能なヒヤシンスは、室内でも育てやすいので春になると必ず購入しています。
今年はブルーのヒヤシンスを購入しました。そして初めて時植えに挑戦。といっても、結果が分かるのは、来年の春ですけどね・・・
現在の状態はと言うと・・・葉だけがしなっとなってまだ緑色の状態であります。たぶん、この葉も夏ごろには枯れてしまうでしょうから、あとはこのヒヤシンスを植えた場所を掘り返したりして、球根を傷つけないことですね。

その場所に何も植わっていないと、つい新しい植物の苗を購入してきて植えてしまいそうですが、これが大きな間違いなんですよね。去年もアガパンサスや、デルフィニウム、ムスカリなどをたくさん傷つけてしまいました。デルフィニウムは今年は出てこないでしょう。球根なので、本当は植えたままでなくて、一旦掘り起こして倉庫などで保管するのがいいんでしょうけど、なかなかそこまでしません。

ヒヤシンスの花言葉は、控えめな愛。ヒヤシンスという名前は、ギリシア神話で太陽の神、アポロンに愛された美少年、ヒヤキントスに由来するそうです。ヒアキントスの生まれ変わりとして、ヒアシンスと呼ばれるようになったとの事です。こんなストーリーを知ると、またヒヤシンスを見るたびに思い出してしまいそうです。

コメント

Secret

クレマチス














カテゴリー

最新コメント

ガーデン雑貨



宿根草 エリゲロン








虫よけバンダナ♪ペットにも


ソーラーバタフライ





















フラワーギフト

最新の安くておしゃれなフラワーギフトを紹介しています。お誕生日・記念日・母の日・敬老の日・プロポーズ・お悔やみなど急な事にも対応可能な全国のフラワーショップです。

花を贈る 花宅急便

最近の記事

リンク

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。