スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバラの剪定

 ミニバラの剪定は思い切ってばっさりいきます。5種類ほど植えている(地植えです)我が家の庭のミニバラですが、今年はきれいな花を咲かせてくれました。

 グリーンアイスやれんげローズ、他にカップ咲きの白いミニバラやピンク系のカップ咲きなど色々な種類です。グリーンアイスのミニバラはアンティーク風ななんとも言えない淡いグリーンとオフホワイトがいくつも同時に咲いてくれて美しいの一言です。

 現在は、カップ咲きの白いミニバラがいくつも咲いています。私はミニバラが咲くと早めに切って、部屋に飾るようにしています。

 去年はなぜか不調だったミニバラの株たちですが、そんなミニバラの株を去年の暮れに思い切ってばっさりと短く剪定しました。それが良かったのか、今年はどうしたの?とびっくりするくらい、肥料も与えていないのに、シュートがぐんぐん伸びて、キレイな花がたくさん咲きました。

 ミニバラに限らずですが、調子の悪そうな植物は冬に思い切って深く剪定してあげると、翌年は結構元気が戻るようです。

 根元を見て、古い色の(シュートは鮮やかな緑色なのですぐに分かりますよね)枝を根元でばっさりカットします。その古い枝からは花は咲きません。

 それを伸ばしていることにより、新しい花に行くはずの栄養分が分散されるので、不要な枝はミニバラに限らず切り落とすのがいいようです。

 今咲いている花の枝はどこ当たりまで切るかといいますと、浅いきり方でもいいのでしょうが、私の場合、一輪挿しでミニバラは楽しむようにしているので、20センチほどはばっさりと切り落とします。

 こうすることで、秋にもまたキレイなミニバラを咲かせてくれるのですよ。暑さに耐えられれば、夏にも1度咲いてくれます。

コメント

Secret

クレマチス














カテゴリー

最新コメント

ガーデン雑貨



宿根草 エリゲロン








虫よけバンダナ♪ペットにも


ソーラーバタフライ





















フラワーギフト

最新の安くておしゃれなフラワーギフトを紹介しています。お誕生日・記念日・母の日・敬老の日・プロポーズ・お悔やみなど急な事にも対応可能な全国のフラワーショップです。

花を贈る 花宅急便

最近の記事

リンク

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。