スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘデラのグランドカバー

雨の日が続くと庭に出れないので窓から眺めて楽しんでいます。
この時期の雨は植物にとっては嬉しい雨でしょうね。

さて、連日載せている我が家のグランドカバー。
今日は別のスペースのヘデラをご紹介します。

IMGP3326.jpg

↑ ここは門を入ってすぐに、正面に見える光景です。
両サイドにヘデラ(アイビー)のグランドカバーからのウッドフェンスへのつながりが見えます。
ここは、アメジストセージを植えていますが、まだ少ししか新枝が見えません。

IMGP3327.jpg

↑ とくにネットを張っているわけでもなく、木製の壁にはって上へ向かっています。
ここにも数種類のヘデラ(アイビー)が植わっています。

ちなみにうちのアイビーはどれも小ぶりなものばかりです。
母が大きなアイビーが好みではないもので・・・
でも、小ぶりなタイプのヘデラ(アイビー)を植えても環境のせいか、びっくりするような大きな葉が出てくるときもよくあります。

IMGP3322.jpg

↑ この場所は1枚目の画像の左側のフェンスの反対側から撮影した風景。
ここもアイビーがこんもりとしています。右側にはカロライナジャスミンも一緒に張っています。

今年も黄色のベルのような花が咲くカロライナジャスミン、たっくさん花を咲かせてくれました。
先日少し、花後の切り戻し作業を行いましたが、まだ終わりません。

IMGP3324.jpg

↑ ここは、門を入って左側にすすんだところ。
下には、季節の花(アリッサムやパンジーなど)を植えていましたが、
土があまり良くなくて(元々植え込みをする予定ではなかったので)
よく育たないので、アイビーを少し植えてみたら、かなりもりもりしてきました。

奥には、つるバラをいくつか植えていますが、下がすかすかだったので、
ヘデラをいくつか植えてみたところ、きれいに広がって、
下のパーキングスペースにもキレイに垂れ下がっています。
ある程度の景観になるには2年ほどかかりましたが・・・

次に晴れたら、カロライナジャスミンの切り戻しを終わらせたいと思います。




スポンサーサイト

常緑のグランドカバーを目指すならヘデラがおすすめ

常緑のグランドカバーにおすすめなのはヘデラ(アイビー)です。
(いきなり? 最近よく知り合いに聞かれるから・・・)

だって、手入れ入らずですからね。
増やすのも簡単ですし、葉の種類もたくさんあって見ても楽しい。

今日もヘデラ(アイビー)の枯葉のお片づけ。
茶色くなって下へしずんだ葉や黄色い取れかけの葉を取り除きます。

IMGP3318.jpg

↑ ココはセメントで作ってもらった蛇口なのですが、
ご覧の通り見事にヘデラ(アイビー)に覆われてしまいました。
(下に植えていたアイビーがあがってきた・・・)

左の木は、セイヨウニンジンボク。今日、新芽を発見。
セイヨウニンジンボクは、下の方には葉をつけないので、
これくらいの高さまでのアイビーなら大丈夫でしょう。

IMGP3311.jpg

↑ ヘデラ(アイビー)にもいろんな種類があって、葉の形や色も様々。
一緒に植えるとそのコントラストがキレイです。

こんな細長い種類の葉もあります。

IMGP3312.jpg

IMGP3313.jpg

↑ これはクリーム色が縁に入っているヘデラ(アイビー)。

IMGP3314.jpg

↑ これは、濃いグリーンでハートの形をしたピカピカの葉のヘデラ。

どれも名前は分からないのですが、育て方や増やし方は同じようで、
混ぜて植えると楽しいですよ。

ヘデラ(アイビー)の増やし方は、何度も書いてますが簡単!

長めにきった葉つきの枝を水に入れてしばらくすると根が出ます。
それを土に植え替えるだけです。

たまにだめなコもいますが、ほとんどが成功しますよ。
我が家もそうやって母が増やしていきました。

ぜひ試してみてくださいね。

ヘデラが伸びてきた

エントランスの階段下のヘデラが伸びてきて、
ついに階段まで覆ってきました。

1401061.jpg

まだ半分以上階段が残っているので
切り戻さなくてすんでますが、

これ以上伸びてきたら切り戻して
どこかへ挿し木しようと思ってます。

冬の間のヘデラ(アイビー)は、
夏の日差しが強く当たったり、

紅葉する品種なんかもあれば、
ほとんど日陰で育ったうちのこの画像の

ヘデラあたりはほとんど色を変えずに
青々としたままです。(たまに枯れ葉を取り除くくらい)

ヘデラの色が変わった葉は、
もう元の青々とした色には戻らないといわれてます。

1401062.jpg

ここは、エントランスの門正面の右側。
色々植えていましたが、ほとんどアイビーになってしまった。

3,4種類のアイビーを植えているので、
所々、色合いの変化などもあり面白いです。

今年はまだ温かい日が続いてますが、
今週には氷点下の日もあるとかでどう変化があるかですね。

ヘデラ(アイビー)は割りと強いので安心してますが・・・


Jan.06,2014


ヘデラのお手入れ

今日は久しぶりにヘデラのお手入れに庭に出ました。

フレッシュな新芽が出始めて、いきいきとしています。
ここには3種類ほどのヘデラを植えています。

IMGP7332.jpg

そんなヘデラのお手入れといえば、
枯れてしまった茶色い葉っぱを取り除くこと!

IMGP7333.jpg

これは手にとっただけで、簡単に取り除くことができます。
せっかく出てきたヘデラの新芽が枯れ葉で台無しになってはかわいそう。

そして、うちの庭には、この下にセダムも植えているので、
セダムの成長の妨げにもなるんです。

ヘデラの管理はこまめにが大切なようです♪

April 1st. 2013

常緑のグランドカバー

ヘデラ(アイビー)やコケ(モス)は常緑のグランドカバーになります。

うちのグランドカバーは、3つの植物で作っています。
数種類のヘデラと、コケそしてセダム(多肉植物)です。

一応、芝もグランドカバーになりますね。
うちの歩くスペースには芝を敷いています。
夏は青々、冬は枯れています。

その周りを木や季節の花、ハーブなどを植えていますが、
そこの下にヘデラやコケ、セダムを植えています。

Hedera002.jpg

ここは、ミモザを植えているスペース。
メインは常緑のヘデラを3種類ほど植えています。
その下には、セダムも少し植えています。

ヘデラはグランドカバーといっても、土の上を這って伸びていくので
直接土から出てきているわけではありません。

そこをカバーするために、数種類のヘデラを植えてボリュームアップ。
とともに、セダムを増やしています。

Hedera001.jpg

ここは、傾斜になっているので、グランドカバーにぴったりの場所。
ここは、ヘデラをメインにハーブなどを植えています。

ヘデラは常緑な上、管理もほとんどいらず、
その土地に合えば増える一方なのでありがたい存在です。
挿してもすぐに根が出てきますしね♪

moss001.jpg

そしてこれはコケ(モス)です。
庭を造ってもらったときからあったのですが、
うちの愛犬がよく体に付けて(乾いた状態だとワンコにつきやすい)
だんだん少なくなってきたので、いくつか別にしています。
これは、弟の庭に移植予定です。

唯一コケだけは、乾燥に弱いのかな?
今年の冬もヘデラはキレイな状態のままでしたし、
あとは、セダムが少しずつ広がってくれればいいなと思っています。


Feb.26th. 2013

クレマチス














カテゴリー

最新コメント

ガーデン雑貨



宿根草 エリゲロン








虫よけバンダナ♪ペットにも


ソーラーバタフライ





















フラワーギフト

最新の安くておしゃれなフラワーギフトを紹介しています。お誕生日・記念日・母の日・敬老の日・プロポーズ・お悔やみなど急な事にも対応可能な全国のフラワーショップです。

花を贈る 花宅急便

最近の記事

リンク

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。