スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナニワイバラが咲く

とげが鋭いナニワイバラが咲き始めました。

これは玄関口横に植えてあった(庭師が植えた)
ナニワイバラです。なぜこんなところに植えたのでしょう。

危険でしょうがありません。
移植も考えたのですが、周りに他の植物を植えているので、
なかなか掘り起こす勇気がありません。

とにかくシュートが出ては切っています。
かわいそうだとは思いますが、
とげが危険すぎるのでしょうがありませんね。

IMGP0611.jpg

キレイな花を咲かせてくるんですけど・・・
もともと野生化されたバラらしいのでとても強健です。

IMGP0612.jpg

とにかく小さく、小さく育てています。
ナニワイバラにはごめんなさいですね・・・


スポンサーサイト

バラのとげ

バラの祭典、国際バラとガーデニングショウが
現在西武ドームで行われているそうですね。

BSでオープニング前の様子を見ましたが、
バラはもちろん、その周りに咲く花が

とても美しくてうっとり見入ってしまいました。
それぞれに園芸家の個性が出ていましたね。

バラのとげについてですが、
ナニワイバラのとげが一番鋭いのではないでしょうか?

これ見て下さい。

IMG_7037.jpg

ちょっと個人の庭で扱うようなバラのとげじゃないでしょ?
うちにはこのナニワイバラが4株も植えられていたのです。

家を建てたときに庭もエクステリア専門の方に
お願いしたんですが、花には詳しくなかったようです。

おまけにエントランス付近の人通りがある場所に植えられいて、
移植も考えましたが、周りに大きな木なども植えてあるので

現在は出来る限り小ぶりに育てようと
バラにはかわいそうなのですが、

枝をこまめにカットしています。
さっそく新芽も出てきました。

IMG_7036.jpg

ナニワイバラはもともと原種のバラなので、
野生と変わりませんからほおっておいても

虫もつかないし、白い大輪の花もたくさん付けるし、
とげを除けば素敵なバラなんですけどね。

毎年手袋をして作業していても手に傷が絶えません。
バラの中でも最もおすすめしたくないバラです。

こちらは最近買った植えた黄色がきれいな小花です。
これもよく寄せ上に使っていました。

葉や茎がとても繊細なのでさらに美しく見えます。

IMG_7042.jpg

これは寄せ植え。
アイビーと黄色い別の花です。

アイビーは植えっぱなしですが、花は季節によって植え替えます。
ノースポールとか白い花もよく植えています。

IMG_7039.jpg

最後にもうすぐ実がなるであろうブラックベリーの花です。
うちにあそびにきてくれる小鳥たちの大好物です。

かなりすっぱいですが、美味しいですよね。
初夏も庭の風景が楽しみです。

IMG_7033.jpg

ナニワイバラの剪定

 昨日記事にしたモッコウバラに続くように、我が家のナニワイバラも満開を迎えました。きっとこの週末がピークだと思います。3年目の春を迎えたうちのナニワイバラはすでに樹木のように巨大化して家を豪華に見せてくれています。
 ナニワイバラは野生のバラなのでもともとあまり手をかけなくても十分すぎるくらい育てくれます。ただ、強健なバラだけに放っておくとどんどん大きく成長しますので、モッコウバラ同様、自分の庭にあう大きさに整える必要があります。

 ナニワイバラはオールドローズに属し、別名ロサ レビガータと呼ばれています。大輪の一重咲きの花で、イングリッシュローズのような可憐さはありませんが、とにかく真っ白な大輪の花に花弁が黄色なのでさわやかな春にぴったりのバラです。ただ、鋭いとげがたくさんあるのが唯一のこのナニワイバラの難点でしょうか。シュートを誘引するのが結構大変ですので、皮の手袋は欠かせませんね。

 こんな大きく育つなにわいばらですが、うちには3株植えてあります。そのうちの2株はとても日当たりのよい場所に植えていますが、もう1株は半日陰に植えています。半日陰でも十分に育ってくれていますし、シュートも見事に伸びてくれて、もちろん花付きも良いので半日陰だけどバラを育てたいと考えている方にはオススメできるバラではないでしょうか。虫もほとんどつきません。

 ナニワイバラの剪定ですが、まず剪定の前に春の花が終わった後に花がらを早めに摘み取ります。そして正式な剪定は12月(地域によって差がある)ですが、うちでは、小さな枝が伸びてきたらこの春の時期でもちょきちょきと切り落としています。先ほども述べたように、とにかくとげがすごいですから、通路に出てくる枝は早めに切り落としています。目などにあたると危ないですからね。12月頃に新しいシュートの3分の1を切り詰め、細い枝や古い枝は元から切り取ります。思い切って樹高を低くする剪定を行うと翌年たくさんのシュートが出ます。

 我が家は去年かなり思い切って剪定をしました。それなのに今年もすごく大きく育ってくれているので、今年もかなり思い切って剪定する予定です。とにかく今は、ナニワイバラの花がら取りを優先しましょう。

クレマチス














カテゴリー

最新コメント

ガーデン雑貨



宿根草 エリゲロン








虫よけバンダナ♪ペットにも


ソーラーバタフライ





















フラワーギフト

最新の安くておしゃれなフラワーギフトを紹介しています。お誕生日・記念日・母の日・敬老の日・プロポーズ・お悔やみなど急な事にも対応可能な全国のフラワーショップです。

花を贈る 花宅急便

最近の記事

リンク

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。