スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレマチス アーリーセンセーション

クレマチスのアーリーセンセーションは、
ニュージーランド系の中でも人気の品種です。

アーリーセンセーションは、
咲き進むとライムグリーンからホワイトに変わっていきます。
ニュージーランド産原種の交配種です。
開花期は3~4月で、つるはあまりの伸びずに
木立性なのでコンパクトにまとまります。
鉢栽培に向くのでベランダ栽培にもオススメです。
カルトマニーよりもしべがグリーンです。
このクレマチスは、女系品種なので花粉は出ません。



(今日の庭日記)
季節はずれの紫陽花が咲いている。
今年の初夏に植えた小さなあじさい隅田の花火
株を少しずつ大きくしながら咲いた。
もう来年しか見ることはないだろうと思ってたから
感激して、毎朝眺めている。
薄いライトブルーが優しい色合いで
来年、咲き誇る姿が楽しみだ。
スポンサーサイト

クレマチス ニュージーランド系

最近、ニュージーランド系のクレマチスが人気のようです。
ライムグリーンからホワイトの花が主で、
旧枝咲き(前年度に伸びた枝に花芽がつきます)で、
耐寒性多年草(-5℃以上)の品種だそうです。

ニュージーランドに自生する11の原種(常緑)が、複雑に交配された品種群。
これらの原種は雌雄異株だそうで、交配にも男系・女系があるとか。
ニュージーランドグループまたはフォステリーグループとも呼ばれます。
様々な品種が生み出されていますが、日本で流通が始まったのはここ数年です。
普通種とは異なりつるはあまり伸びず、巻きつかないのでそのままの放任すると
美しく枝垂れる姿を楽しむことができます。花色は主に白~グリーンを帯び
ジャスミンのような香りがあるものもあります。シダのように繊細な葉は一年中
美しいグリーンを保ち、花の無い季節も楽しむことができます。

・耐寒性とは言うものの、普通のクレマチスよりも寒さに弱いので(-5℃以上)
 寒冷地では室内管理となります。寒風に当たると葉が傷んで枯れこみます。
・日当たりを好みますが真夏の直射日光が当たると生育が悪くなります。
 風通しのよい軒下などで管理してください。(露地植えなら落葉樹の下など)
・冬場は枯れない程度に水を控えると、たくさん花芽がつきます。
・前年に伸びた枝に花芽をつけるので、6月以降は剪定しないで下さい。
 花後に切り戻して、側枝を出させるようにします。植え替えもこの時期に。
・剪定強度は弱~中程度です。
・流通時期は主に3~4月ごろとなります。 

以上、楽天ショップさんより引用しました。

クレマチス














カテゴリー

最新コメント

ガーデン雑貨



宿根草 エリゲロン








虫よけバンダナ♪ペットにも


ソーラーバタフライ





















フラワーギフト

最新の安くておしゃれなフラワーギフトを紹介しています。お誕生日・記念日・母の日・敬老の日・プロポーズ・お悔やみなど急な事にも対応可能な全国のフラワーショップです。

花を贈る 花宅急便

最近の記事

リンク

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。