スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレマチス カシス

クレマチスカシスは、世界的にも有名な
育種家レイモンド・エヴィソン氏のコレクション、
ガーランドシリーズの一つです。

目を見張るような紫のグラデーションと
八重咲きの豪華さを併せ持つ素敵な品種。
花もちがよくコンパクトなので鉢植えとしても
お楽しみいただけます。

外と中ともにカシスパープルに染まる美しい品種です。
咲き進むと黒味がかったグレーになりより
上品な咲き姿となります。咲き進むと花弁の外側が
黒紫に変化し、落花します。

クレマチスフロリダ系カシス
C.'Cassis’


●開花期 6~10月・四季咲き性
●つる性 2~3メートル
●花色 紫色
●花径 7~10センチ
●剪定 中剪定
・花後の剪定:今年伸びた枝の半分をカット。
 数本枝があるときは、剪定の強弱で開花の時期が
 多少ずれるので、1つの株で長く楽しむことができる。
 ・2月の剪定:冬季充実した枝には花芽が付いている
  ので大きな花を咲かせたいときは枝を整理して、
  花数を調整してもよい。

フロリダ系についてはこちらから。



スポンサーサイト

クレマチス ペパーミント

クレマチスペパーミントは、
世界的にも有名な育種家レイモンド・エヴィソン氏のコレクション、
ガーランドシリーズの一つです。
さわやかな緑がかった花弁が幾重にも重なりあう、
非常にバランスの良い品種です。
夏場一時株が休みますが、春~秋まで長く楽しめ、
花もちがよくコンパクトなので鉢植え、
庭植えとしても楽しめるおすすめのクレマチスです。

クレマチスペパーミントはライム色から暑い時期
にはクリーミーホワイトになる完全八重咲きです。
外側の6弁が先に散り、中心はバラ状に残ります。
花径12~15cm。早咲き大輪系に属する品種です。

クレマチスフロリダ系ペパーミント
C.'Peppermint’


●開花期 5~10月・四季咲き性
●つる性 2~3メートル
●花色 グリーン~ホワイト
●花径 6~8センチ
●剪定 中剪定
 ・花後の剪定:今年伸びた枝の半分をカット。
  数本枝があるときは、剪定の強弱で開花の
  時期が多少ずれるので、1つの株で長く
  楽しむことができる。
 ・2月の剪定:冬季充実した枝には花芽が付いて
  いるので大きな花を咲かせたいときは枝を整理して、
  花数を調整してもよい。

フロリダ系についてはこちらから。

クレマチス ダッチェスオブエジンバラ【クレマチスのある庭へようこそ】

クレマチスのダッチェスオブエジンバラという
人気の品種があります。

このダッチェスオブエジンバラは、
フロリダ系のイギリス生まれの品種で、
爽やかな白い花が八重咲きで、
バラのような印象を持ちます。

ダッチェスオブエジンバラは、
少し細めの花弁を幾重にも広げます。
気温によっては、
すこし緑がかったようになることもあり
それもまた美しい風情を持ちます。

冬の剪定で古い枝を残す事で、
翌年の花つきがよくなるようです。

クレマチスダッチェスオブエジンバラ
(フロリダ系)

C.'florida Duchess of Edinburgh’

●開花期 5~10月・四季咲き性
●つる性 1.8~2.5メートル
●花色 白
●花径 8~12センチ
●剪定 弱剪定



(今日の庭日記)
つるバラのアンジェラを植えています。
去年までの3年間は、鉢植えで育てていたので
シュートもあまり伸びずに(←言い訳?)
かわいそうな育てかたをしていたのですが、
今年、地植えにしたら、それはもうすごい勢いで
ぐんぐんとシュートが伸びています。

つるバラアンジェラは、濃いピンクの小ぶりの
かわいいバラが気に入って購入。
うちの庭には、白やブルーといった爽やかな
色合いの花をメインにもってきていますが、
たまに濃いピンクが入るときれいなんですよね。

アンジェラを地植えにしてからは、
肥料もろくに与えていませんが、
液肥くらいはあげたほうがいいかなと
思っています。近くには、
クレマチスヤングとトケイソウを
植えました。色目を考えずに
植えてしまったので次の春が
楽しみでもあり、不安でもあります。

クレマチス フロリダ系【クレマチスの庭へようこそ】

クレマチスのフロリダ系について。

フロリダ系は、テッセン(原種系)とその変種である
シロマンエ系を親とする系統です。

‘フロリダ’とは、花咲くという意味だそうです。
世界中で人気のこの種類は、乳白色の花弁と
パープルのおしべのコントラストが人気の理由。

他のクレマチスの花とはちょっと違って
とてもインパクトのある八重の花が多いです。

このフロリダ系は、前年の古い枝にも
新しい枝にも花をつける新旧両枝咲きです。

クレマチスジョセフィーヌ【クレマチスの庭へようこそ】

クレマチスフロリダ系の中で、
このジョセフィーヌという品種は、
特異な花形が特徴の早生大輪品種で、
半八重~八重の花が美しいお花が楽しめます。

このジョセフィーヌというクレマチスは、
はじめにブロンズ色の6~8枚の花弁が開き、
だんだんライラック色に変わっていきます。
後から、中心部の花弁が後からゆっくりと
段階的に開き、3層のボリュームになります。

花芯も白でお花も白・・・
まさに純白のお祝いのお花としても人気のようです。

クレマチスフロリダ系ジョセフィーヌ
C.Florida'Josephine’

●開花期 5~9月・四季咲き
●つる 2~3メートル
●花色 薄いピンク
●花径 10~18センチ

新旧両枝咲きで、早めに剪定する事で
秋までに二度三度と花を楽しむことが出来ます。



クレマチス














カテゴリー

最新コメント

ガーデン雑貨



宿根草 エリゲロン








虫よけバンダナ♪ペットにも


ソーラーバタフライ





















フラワーギフト

最新の安くておしゃれなフラワーギフトを紹介しています。お誕生日・記念日・母の日・敬老の日・プロポーズ・お悔やみなど急な事にも対応可能な全国のフラワーショップです。

花を贈る 花宅急便

最近の記事

リンク

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。